おしごと名鑑100つなぎ

人は知っている職業から仕事を選びます。
むしろ・・・
知らない職業に就くことはほとんどありません。
自分で起業する人もいるけれど
全くのゼロからのスタートということはなく、
これまでの何かと何かの掛け合わせだったりします。

子どもたちに多くの職業を見せたい。
しかもプロ中のプロの人の話を聞かせたい。
いつからかそう思うようになりました。

そんな想いをもとに、2018年11月から
『おしごと名鑑 100つなぎ』と銘打って、
子どもたちだけではなく
大人も対象にした職業と生き方を紹介する場を創ります。

楽しく生きている人の周りには
楽しく生きている人が集まります。
おもしろい人の周りにはおもしろい人がいます。
プロの仕事をする人の周りはプロ意識が高い人ばかりです。
そんな人たちを数珠つなぎのように、
リレーのようにつないでいきたいと考えています。


多種多様な職業や
さまざまな人の生き方を知ることで、
子どもだけではなく
大人の未来の幅も広がるはずです。

つないでつないで、めざすは100!

『おしごと名鑑100つなぎ』の仕組み
① 「gifter(ギフター)=スピーカー」に、これまでのご自身のことや
 職業についてお話していただきます。
② その後、質疑応答の時間を設けます。
③ 「gifter」のお話や質疑応答の内容を
 動画配信をしたり、このnoteへ投稿をします。
④ 「gifter」には、次の「gifter」を紹介していただきます。
⑤ 「gifter」には「ぺぺんち」を
 支援するgift(1万円)をお願いします。
gifterには「ぺぺんち」で
 使用できる地域通貨50PEPEをお渡しします。
 ※地域通貨PEPEについては、別記事でご説明します。

お話をしていただく方に、
ぺぺんちを支援するgiftまでお願いする。
なんとも図々しく厚かましい仕組みです。

そのgiftはこんなことに使います。

giftのつかいかた
「ぺぺんち」で行う子どもたち向けの
イベントや寺子屋の運営資金とし、
子どもたちの「今」と「未来」のために使います。
おにぎりとお味噌汁の材料を購入したり、
そこに集う子どもたちから生まれるプロジェクトの資金にしたり。
つまり、gifterからお預かりしたgift
子どもたちへの贈り物であり、投資です。
人の想いを循環させる仕組みを、ぺぺんちで創ります。

 100つなぎのお話は、こちらのnoteに綴っていきます。
 おしごと名鑑100つなぎ https://note.mu/pepenchi